2008.08.01

新宿ダブリナーズ

20080801010511
20080801010509
20080801010508
新宿ダブリナーズで演奏してきました。
トゥクトゥク・スキップのアイリッシュパブライブです。

店内は学生さんや外国の方など沢山の人達で賑わってました。
今までのアイリッシュパブライブの中で1番お客さんが多かったと思います。
手拍子や温かい拍手を貰い気持ち良く演奏させてもらいました。

でアイリッシュパブって何?という方の為に~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アイリッシュオパブとは?

アイルランドの人々にとって、幾世紀もの間、生活や心の支えだったパブ。
たとえ暮しが大きな時代の波に洗われることがあっても、
アイリッシュ・パブだけはその形も果たしている役割も、ほとんど変わることがありませんでした。
何代にもわたって、人々がかたくなに守り続けてきたこの素朴であたたかな空間。
この変わらぬ伝統こそが、世界中の人々をひきつけるアイリッシュ・パブの魅力でもあるのです。

自分を取り戻すあたたかな場所

気の合う仲間との愉快な会話、心なごませる歌や音楽、お気に入りのビール、おいしい料理。
アイリッシュ・パブで、人々は心からくつろぎ、本来の自分を取り戻します。
他では決して味わうことのできない独特の雰囲気の中で、だれもが人間としてのゆたかなふれあいを楽しむことができる。
アイルランドの人々は昔からそのことを知っていました。

懐かしさを感じる店内

アイリッシュ・パブのインテリアは、どれもあたたかくなじみやすいものです。
どこかしら懐かしく、郷愁を感じさせる店内。椅子やテーブルはもちろん、
照明、ドアノブにいたるまで、徹底してトータルなコーディネーションにこだわる、そんなアイルランド人の感性と気質が生み出したくつろぎの空間といえるでしょう。
真のもてなしを心得たパーテンたちとウィットに富んだ会話がさらに相乗効果となって、
居心地のいい空間を創りだします。

世界を魅了するアイルランド音楽

今も昔も、アイルランドでミュージシャンたちに出会いの場を提供してきたのは、地元のパブでした。
ここでミュージシャンたちが顔を合わせ、即興のセッションを始めると、居合わせたお客様たちはにぎやかにハミングを始め、楽しい掛け合いの輪が広がっていいます。
今、世界的なブームを呼んでいるアイルランド音楽。アイリッシュ・パブに欠かせない大切な要素のひとつです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんな感じの場所で月に2~3回トゥクトゥク・スキップは演奏させてもらっています。
そして8/30日は荻窪velvetsunでワンマンライブです!
アイリッシュ好きの方是非遊びに来て下さいね。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://mutoblog.blog116.fc2.com/tb.php/54-bf35c78f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する